経済状況を考えると、海外不動産がお得?

資産運用の為に、不動産投資を始めようかと考えている人もいらっしゃるでしょう。不動産と言われると、我が国のマンションや土地などの活用と考える方もいらっしゃいますが、果たして本当にそれだけでいいのでしょうか。

もちろん日本に置ける不動産活用は収益を得ることが出来ます。しかし日本の経済状況を考えると、そうも大きな収益を上げるのは簡単ではないのでしょうか。

我が国は現在、非常に多くの負債を抱えています。その為、将来的に破綻することも否定出来ません。その状況下で不動産を持っていても、価値が目減りしていく可能性があります。

一方海外不動産、特に東南アジアなどの経済成長が著しい地域においては、人口増加や経済成長に伴い、その価値が上昇している傾向にあります。

つまり不動産を運用することによって高い収益を得たいのであれば、日本国内の不動産よりも海外不動産の方が高く運用出来る可能性が高いのです。

海外不動産といっても、ある程度まとまったキャッシュを持っていれば、外国の銀行でローンを借りることも出来ます。例えばマレーシアでは、物件や属性にも左右されますが、約70%までローンを借りれます。

このような経済状況を加味すると、海外不動産はおすすめできることが分かるでしょう。

経営者目線から「小さな会社で働くことの意味」を知る、リポート式情報サイトをご紹介します。
不況下でも挑戦し続ける情熱的な社長を特集中!
いま注目のベンチャー企業経営者です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>