IFAと販売会社の違い

日本人がオフショアファンドへ投資をする場合には、IFA(Independent Financil Adviser)を通じて買うことになります。IFAは独立系ファイナンシャルアドバイザーという意味になります。
日本人投資家にとってはIFAはオフショアファンドの購入時に欠かせない役割があります。IFAは様々な金融機関と契約しており、その契約している金融会社の商品を販売しています。あらゆる商品がある中で投資家にマッチした最適な商品を提供してくれます。

では、IFAと金融商品を販売する販売会社はどのような違いがあるのでしょうか?

基本的に販売会社は投資家へ金融商品を作って販売し、その手数料が収入になります。販売会社としては商品が売れればその後の運用は投資家の責任の元運用されるので、極端に言ってしまえば運用結果が良くても悪くてもどちらでも良いのです。

一方IFAの場合、販売会社とは違い、委託されて販売を行います。IFAの収入源は投資家の成功報酬なので、いくら金融商品が売れても成果が出なければ無収入になるので、投資家の利益が最大化されるようにアドバイスを随時行いながら投資が成功に向かうよう導いていきます。いわば専任の投資コンサルタントなのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

>